MENU

カードローン借り換えは負担金利の減少が鍵!

カードローンの借り換えをする一番の目的は、金利による支払いを下げること。
多くの方が、複数からの少額融資を利用している為、各社で上限金利の支払いを強いられていることが多いのです。
ですから、カードローンの借り換えによりどこか一社にまとめることによって、
金利が大幅に下がることが期待できます。

だからといって、最低金利の低さだけで選ぶのは少し間違っています。
カードローンの借り換えで決め手となるポイントは、金利の低さもありますが、

 

まとめた金額の審査の通りやすさ
月々の最低支払額が楽になるかどうか

 

この2点も考慮する必要があります。
例えば、改正貸金業法の規制では、原則年収の3分の1以上の借り入れができません。
消費者金融は、貸金業者に当たるので、総量規制がかかってきます。

 

カードローン借り換え先の選び方

カードローン借り換え先として先の選び方は、今の借入状況によって異なります。

 

例えば、
もしあなたの借入総額が年収3分の1以上ある場合は、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなど、銀行法が適用され総量規制の対象外となる借入先を利用する必要があります。

 

一方で、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社「プロミス」やアコムなどの消費者金融は、一般的に銀行カードローンより審査から融資まで時間がかからないので、とにかくお急ぎの方には便利です。
※借り換えに際して、その借り換えがおまとめローンだった場合、それは「総量規制の例外」にあたります。これは、債務者が一方的に有利になる貸付に対しては総量規制の枠に当てはめないという特例措置のことを指します。

 

月々の最低支払額については、銀行カードローンの方が低い傾向にあります。
審査は若干厳しいですが、総量規制がかからない為、専業主婦でも審査が受けられるというメリットもあります。

 

借り換えを銀行カードローンでするならここがおすすめです

銀行カードローンの借り換え審査のおすすめは?低金利でまとめたい! 借換え・おまとめに積極的なカードローン

・業開トップクラスの最低金利
・月々の最低返済額は7000円(借入額30万円以下の場合)
・保証会社を2社から審査が受けれる
全国9,3000台以上の提携ATMで利用手数料無料

 

今人気のカードローンオリックス銀行カードローン。最高金利は消費者金融と同じくらいですが、高額を借りるときの金利は業界最低水準です。
借換えやおまとめを検討している方はある程度の金額を借りることになるので、他のカードローンを利用するよりもオリックス銀行カードローンを利用する方が金利や返済額が低くなるのでおすすめです。
融資までに多少の時間はかかってしまいますが、24時間webでの審査受付もあり、気軽にお申し込みいただけます。
おまとめや借換えの融資実績も豊富にあるので、借換えならオリックス銀行カードローンです。

金利 最高限度額 評価
3.0%〜17.8% 800万円

 

銀行カードローンの借り換え審査のおすすめは?低金利でまとめたい!

40万円超〜50万円以下の最少返済額例=1万円
50万円超の最少返済額例=借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加

銀行カードローンに向いている方


 

消費者金融でカードローンの借り換えをするならこの2つで決まり!

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

実質年率4.5〜17.8%最高限度額500万円
夜でも自動契約機&三井住友銀行カードローン契約機でカード発行可能!
瞬フリで即日借入OK

 ・夜でも自動契約機&三井住友銀行のローン契約機に行けばカード発行OK
 ・WEB完結でカードレス
 ・申込みフォームで在籍確認が選べる

web完結申し込みでカードレス利用&申し込み時点で在籍確認方法選択可能
最低返済額に端数がなくなりました

プロミスの最低返済額の例

 

借入30万円以下の場合
借入金額×3.16%の計算をした後端数を切り上げした金額

 

借入30万円超〜100万円以下の場合
借入金額×2.53%の計算をした後端数を切り上げした金額

 

借入30万円以下の場合
借入金額×1.99%の計算をした後端数を切り上げした金額

 

 

女性の方はこちら
320x50スマートフォン用

銀行カードローンの借り換え審査のおすすめは?低金利でまとめたい!

実質年率4.8〜18.0%
融資額500万円まで
三菱UFJフィナンシャルグループで安心!

大手消費者金融が向いている方

借入総額が総量規制に引っかからない方
銀行カードローンが通るか心配な方


 

カードローン借り換えとおまとめローンの審査のポイント

おまとめローンとカードローン借り換え。両者は似ているようで違うものとなっています。
金融業に詳しかったり、両者を経験している方にとっては何が違うのか明確に判断をすることができますが、普段何気なくカードローンを利用している方にとっては違いが分からないこともあると思います。
また、カードローン借り換えとおまとめローンでは審査通過の際に重視するポイントが若干異なります。
どちらかというと、おまとめローンの方が審査通過の難易度が高くなりますが、借入状況によってこれも変動していきます。
借り換え・おまとめを成功させる為にカードローン借り換えとおまとめローンについてしっかりと理解しておきましょう。

 

おまとめローンとカードローンの違い

基本的にはカードローン借り換えやおまとめローンを行うときには今まで利用していなかったカードローンを選んでこれらの借り入れを行うことが多いと思います。
しかし、この両者圧倒的に違う部分があります。それは現在何社から借り入れを行っているのかという点です。

 

カードローン借り換えを考えたときは「今借りているところよりも返済負担の少ないところ」に借り換えをしますよね。基本的な概念として、おまとめローンを行うと言うことは複数者から借りている借金をカードローン借り換えを行うことによって1つにおまとめするという事がおまとめローンの概念となります。
※おまとめローンは、現在借り入れをしている複数の中から1社を選択してローンの一本化を行うこともおまとめローンと言います。なのでおまとめローンは借り換えを行わず、現在取引のある会社の中の1社に借り入れを行うこともおまとめローンと言います。

 

審査ポイントの違い

借り換えを行う場合、これは他社に借入の申し込みを新規で行うということになりますので、今までに利用してきたカードローンの審査とほぼ相違ありません。
唯一違うところは、すでにいくらかの借入があるということ。
借り換えをする際のポイントは、現状の借入を新しく申し込みをする先でまとめて借入したいという意思をきちんと伝えることが大切になります。
※複数の借入先がある場合、この借り換えはおまとめローンという枠組みに分類されます。その為、おまとめローンを得意としている金融業者に借り換えをするのがポイントです。

 

また、現在1社からの借入を借り換えしようと思った場合、審査通過はさほど難しくありません。※カードローン利用に問題がない場合に限ります。
返済計画をしっかりと立てて金利負担の少ないところで借り換えを行えば借り換えはうまくいきます。

 

おまとめローンを行う場合、すでに多くの債務を抱えていることになります。
なので、1社から借り換えをする時よりも審査通過のハードルが上がっているということをしっかりと覚えておきましょう。

 

おまとめローンで重視されるのは、個人の信用情報と現在までの借入状況です。
年収や勤続年数、現在の借入件数や異動情報(返済遅延や債務整理の有無等)が特に重視されます。ブラックといわれる異動情報のついている方は高い確率でおまとめローンを行うことが出来ません。
おまとめローン審査にスムーズに通過するためには、返済の滞りや任意生理を行った後では遅いので、早い段階でのおまとめローン検討をおすすめします。

 

カードローン借り換えを有利に行う為に知っておきたいこと

前項で紹介したとおり、カードローン借り換えは通常の借入とは少し異なります。審査内容や審査方法に差異はあまり見られませんが、ちょっとしたコツを抑えることで借り換えの難易度を下げることも可能です。
審査の甘い・厳しいを決めるのはあなたの判断次第です。
しっかりとコツを押さえて、借り換えを成功させましょう。

 

知っておこう!保証会社と系列グループ(子会社)

例えばあなたの借入先が「アコム」と「プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)」だったとして、借り換え先を銀行カードローンで探していたとします。
この2つの消費者金融が大手のメガバンクと呼ばれている銀行のグループ傘下に入っていることはご存知でしょうか?
そう、これらの大手消費者金融は、銀行とつながっているのです。

 

現在、大手と呼ばれている消費者金融のカードローンのほぼ全てが銀行系カードローンと呼ばれており、メガバンクのグループ傘下に置かれている状況となっています。
ちなみにアコムは「三菱UFJフィナンシャルグループ」プロミスは「三井住友フィナンシャルグループ」となっています。

 

つまり、消費者金融と銀行は情報共有される部分が大きいのです。
情報を共有するのは個人信用情報機関だけだと思っていたら痛い目を見るかもしれません。
銀行カードローンの保証を消費者金融が行っているのであれば、現在借入している消費者金融の自社独自の審査ではじかれて保証を受けることができず、借り換えを行うことができなくなる可能性も出てきます。

 

どこの銀行と消費者金融がつながっているの?

この情報を特に知っていただきたい方は現在大手消費者金融での多重債務を抱えている方です。
貸金業務を行っている業者は、多数の信販会社や銀行の保証業務を行っています。
そのため、現在大手の消費者金融で借入をしている方は保証承認審査の際に現在の収入・借入状況・返済状況・返済の意思が強くあるか等をすべて把握されてしまっています。
万が一現状の借入に問題がある場合は、借り換えをするときに自分が今借入をしている消費者金融が保証を行っていない銀行を選んだ方が有利に審査を進めることができるかもしれません。

プロミスが保証会社契約を行っている銀行
三井住友銀行ジャパンネット銀行鹿児島銀行きらやか銀行
関西アーバン銀行みなと銀行福岡中央銀行スルガ銀行
佐賀銀行沖縄銀行但馬銀行福島銀行
福邦銀行中京銀行西京銀行琉球銀行
北日本銀行東北銀行京葉銀行トマト銀行
筑邦銀行香川銀行もみじ銀行仙台銀行
大正銀行大垣共立銀行東日本銀行長野銀行
筑波銀行東和銀行静岡中央銀行大東銀行
大分銀行中国銀行鳥取銀行福井銀行
福岡銀行熊本ファミリー銀行親和銀行横浜銀行
愛媛銀行宮崎太陽銀行南日本銀行高知銀行
長崎銀行広島銀行----------------

 

アコムが保証会社契約を行っている銀行
青森銀行三菱東京UFJ銀行じぶん銀行セブン銀行
北海道銀行山形銀行足利銀行十六銀行
長崎銀行広島銀行伊予銀行岩手銀行
第三銀行西日本シティ銀行群馬銀行常陽銀行
南都銀行八十二銀行北陸銀行宮崎銀行

 

オリエントコーポレーションが保証会社契約を行っている銀行
スルガ銀行佐賀銀行但馬銀行福島銀行
福邦銀行中京銀行西京銀行琉球銀行
京葉銀行北日本銀行東北銀行香川銀行
トマト銀行筑邦銀行もみじ銀行宮崎太陽銀行
南日本銀行高知銀行長崎銀行広島銀行
第三銀行西日本シティ銀行武蔵野銀行北洋銀行
山口銀行北九州銀行みずほ銀行みちのく銀行
千葉興業銀行八千代銀行豊和銀行佐賀共栄銀行
四国銀行清水銀行富山銀行肥後銀行
紀陽銀行荘内銀行--------------

 

オリックスクレジットが保証会社契約を行っている銀行
西京銀行琉球銀行仙台銀行大正銀行
大垣共立銀行住信SBIネット銀行オリックス銀行りそな銀行
長崎銀行広島銀行伊予銀行岩手銀行
近畿大阪銀行---------------------

 

認知度の高い消費者金融やカード会社に保証業務契約をしている銀行一覧です。
もし今までにカードの支払い遅延や、カードローンの返済遅延があれば、信用情報機関に情報が載っていなくとも自社のデータベースで管理している情報によって、借り換え審査に通らない可能性もあります。

 

カードローン利用やクレジットカード利用に問題がなく、むしろ貸金業者の方から増額の申込があるくらい誠実に利用している場合は、審査で有利に傾くこともありえます。
自分の信用がどの位置にあるのかを確かめて、借り換えをする場所を選んでいきましょう。

 

なぜ銀行の方がいいの?

専業主婦や学生がなぜ銀行カードローンに向いているのかというと、銀行カードローンが総量規制の対象外となっているからです。消費者金融は総量規制の対象となってしまうため、収入のない方だと借り入れができませんよね。ですが総量規制の対象外の銀行カードローンなら借り入れをすることができるんです。また、消費者金融と比べて金利が低く設定されています。確かに審査が厳しいところや、借入上限額が低く設定されている場合もありますがちょっとしたときに必要な額くらいであれば借り入れすることは可能です。金額については審査の具合によりますが、まずはwebや電話で問い合わせをしてみるといいですね。

借り換えをするときにしてはいけないこと

カードローンの借り換えをするときは気を付けなければいけないことが3点あります。もしこの気を付けなければいけないことをしてしまった場合は、借り換えの審査が通ることはまずありません。

短期間での多数申込み

短期間で多重申込みをするとまず審査が通ることはありません。なぜかというと、審査が通らない状況でも数を打てば当たると思っているということが金融機関側にすぐにばれてしまうからです。そんなことをしている人を信用してお金を貸してくれるところはないと思った方がいいかもしれませんね。具体的には1ヶ月以内に3社以上申し込みをしている人は一般的に難しいです。

金融事故を起こしている

金融事故を起こしているというのは、いわゆるブラックリストに載ってしまったということです。返済の遅延や未払い、債務整理を行うなどをすると信用情報機関に情報が記録されてしまいます。この記録は一度登録されてしまうと最低5年は消えないといわれています。この信用情報は金融業界全体で共有される情報なので、一度登録されてしまうとどの消費者金融や銀行からも信用を失うことになります。信用で成り立っている業界なので、信用のない人に融資をすることはありません。金融事故を起こさないように気を付けましょう。
多数の金融機関から借り入れをしている

ここに訪れている方は複数の消費者金融から借り入れをしているので借り換えをしてローンの一本化を図りたいという方が多いかもしれません。ですが、あまり多くの金融機関で借り入れをしていると審査に通ることがないんです。一般的には5社以上の借り入れがあると審査に通ることはないといわれています。そういった方は、今後借り入れのできる可能性が非常に低くなりますが、債務整理をすることも視野に入れた方がいいかもしれません。

その他にも勤続年数の長さが借り入れの際のネックになるケースもあります。借入の際の審査は各金融機関によって基準が異なりますので、一概にこうしたら審査が通るということは言えません。ですが、ちょっとした不注意で借り入れのできない状況になってしまったというケースは気を付ければ避けることができますよね。自分で自分の首を絞めないように気を付けたいものです。

 

銀行カードローンの審査についてはこちらのページで詳しく解説してあります。
オリックス銀行カードローンについて中心に書かれているページですが、基本的な審査内容などにそういはありません。
銀行カードローン審査についての詳細はオリックス銀行カードローン審査完全ガイドでチェックしてみてください。

 

 

 

審査で良く聞く信用情報って?

借り換えやおまとめローンに限らず、カードローン審査を受けるときには「信用情報」が最重要事項となっています。

 

この信用情報には「属性」と「カードローン利用・キャッシング利用・クレジットカード利用・携帯電話利用など」のお金を借りた時の利用実績が関係してきます。

 

属性って何?

属性とは、個人の信用を収入や勤務先等の情報(スペック)から個人を属性分けするものです。
つまり、公務員や大手企業に勤めており、安定した高収入を得ていて、勤続年数が長ければその方は高い属性の持ち主だということが判断できます。

 

逆に中小企業で勤めてから1年未満の方は収入が低く、いつ会社を辞めるかもわからないので、返済能力に欠ける属性の低い方と判断されるのです。

 

収入が低くても勤続年数が長ければ安定した返済能力を持っていると判断されることが多いので、年収よりも勤続年数を重視したほうが良いといえます。

 

お金を借りたときの利用実績って?

カードローンやキャッシング、クレジットカードの場合、お金を借りるというのは理解が出来ると思います。
お金を借りてきちんと返済をする。毎回の返済で、利用者は債権者に対して信用を少しずつ積み上げている状況になります。
なので、返済遅延をしたり、任意整理・民事再生・自己破産等の借金の踏み倒しをしたことのある方信用情報機関(金融業者が登録している信用情報を確かめることの出来る機関CIC・JICC等)に異動(ブラック)情報が登録されてしまう為、借入することが難しくなります。

 

携帯電話の利用でお金を借りるっておかしくない?と思った方も多いと思います。
皆さんは携帯電話の端末代金をどのように支払いしていますか?
多くの方が割賦で月々の支払いを行っているかと思います。実はこの割賦での支払い、ローンを組んでいるのと同じだって知っていましたか?

 

携帯電話の端末代金はローン払いという括りに属しているのです。
なので、携帯電話の料金を未払いにしてしまうと、信用情報に異動が付いてしまうので要注意です。